窓ガラスが割れた!修理代金はいくら用意すれば間に合うのか?

お役立ち記事(ブログ・施工実例)

窓ガラスが突然割れてしまったら・・・。実は窓ガラスは意外と頻繁に割れており、全国では窓ガラスの修理をメインで行う緊急対応のガラス業者もいるぐらいです。当社のサービスでも窓ガラスの交換は行っており修理を希望されるお客様へは出来る限り最短でご訪問とガラスの取替作業を提供しています。

本日はそんな窓ガラスがわれてしまった時の修理代金と修理までにかかる時間について詳しく解説して行きたいと思います

熊本市西区のガラス屋。窓ガラス修理交換、網入りガラス、ペアガラス、スリガラス、加工ガラス、ドアガラス、店舗や会社のガラス修理も対応しています。ガラス修理は窓店にお任せ下さい!

窓ガラスの修理代金っていくら?

窓ガラス修理代金

窓ガラスで主に使用されるガラスは、透明ガラス、スリガラス、型板ガラス、網入りガラス、ペアガラスとなります。さらに、掃き出し窓では窓の真中に桟が入っていて上下に分かれているサッシもあります。この場合は桟の上部だけ、桟の下部だけの交換も可能です。

窓の標準的なサイズとしては横幅90cm×高さ180cm以内、もしくは横幅90cm×高さ90cm以内となりますのでそれぞれ、この2つサイズについて見て行きたいと思います。

透明ガラスの修理代金

もっともポピュラーな透明の窓ガラスについての修理代金を見て行きます。

90cm×90cm=12,000円~25,000円

90cm×180cm=15,000円~35,000円

※厚さ3mmのガラスを想定しています。

スリガラスの修理代金

団地などで使用されている事の多いスリガラスの修理代です。透明ガラスや次に掲載されている型板ガラスよりもガラスの原価は高いくなります。そのため同じサイズの中では比較的高めに設定されている事が多いです。

90cm×90cm=15,000円~30,000円

90cm×180cm=18,000円~40,000円

※厚さ3mmのガラスを想定しています。団地用で使用されている事が多い事は既に説明しましたが、基本的に90cm×90cm以内である事が一般的となります。

型板ガラスの修理代金

掃き出し窓の上下のうち下が型板ガラスになっていて上が透明ガラスになっているケースは多く、透明ガラスと同じか、それ以上使用されています。窓ガラス以外でも、脱衣所や浴室に使用されるガラスとしても目にする機会が多いガラスです。

90cm×90cm=12,000円~25,000円

90cm×180cm=15,000円~35,000円

※厚さ4mmのガラスを想定しています。厚みは4mmか6mmとなりますが圧倒的に4mmの方が多く使用されていますので4mmの厚みにて掲載しています。修理代金は透明ガラスとほぼ同等です。

網入りガラスの修理代金

網入りガラスは厚みが6.8mmが主流となります。高層マンション高層階では10mmが使用されている事もありますが、10mmだとそもそも割れにくいのか当社ではあまり対応する機会はありません。

90cm×90cm=15,000円~30,000円

90cm×180cm=20,000~55,000円

網入りガラスには型板タイプ透明タイプがありますが、透明タイプの方が高いです。材料費原価は倍程違います。

ペアガラスの修理代金

最後にペアガラスの修理代金になります。最近の住宅ではペアガラスが主流になりつつあります。単板ガラスに比べてペアガラスは断熱性能が高く世界的に進める脱炭素社会(カーボンニュートラル)を実現する為の窓の役割としてはペアガラス、Low-eガラスは今後ますます導入が当たり前の事になると推察されます。

90cm×90cm=20,000円~30,000円

90cm×180cm=30,000円~60,000円

通常ペアガラスもしくはLow-eガラスで金額が異なって来ます。Low-eガラスの方が断熱性能には効果が高いくガラス代金も高額となります。ガラスの厚みや構成により価格が変動する事になります。

窓ガラスの修理代金がアップする条件とは?

前述した料金は、ガラス代金と作業代金を合わせた金額となります。割れたガラスの処分は無料で行ってくれる事が多いです。

既に掲載したガラス代金は一般的な相場となりますが、ガラス修理代金をアップさせる条件としては次の様な物があります。

搬入経路=例えば、車が建物近くまで侵入出来ないケースなど悪条件があれば料金が加算される可能性があります。

高所作業=脚立などを使用する場合は別途高所作業費として請求される事があります。

コーキング納まり=ガラスとサッシの押さえがグレチャンの場合は施工が早いですが、コーキング納まりの場合は、別途材料と時間がかかるので別料金になる事があります。

時間外工事=深夜や早朝の工事、休日の工事の場合、時間外費用が発生する事があります。

窓ガラス修理までどれくらいの時間がかかる?

窓ガラスの修理料金と一緒に知っておきたいのが、修理までいったいどれくらいの時間がかかるのか?という事ではないでしょうか。窓ガラスが割れる事などそうそう頻繁に発生する事ではありませんので、当事者の気持ちとしては”一刻も早く修理して欲しい”と仰る方が大半を占めます。

目安として一般的に使用される事の多い横幅90cm×高さ180cm以内(横90×高さ90cmももちろん該当します)の修理までにかかる時間の目安は下記の通りです。

透明ガラス、スリガラス、型板ガラス、網入りガラス=当日施工可能

ペアガラス=納品までに1週間程度

ペアガラスを除く単板ガラスは90cm×180cm程のガラスからミリ単位で切り出してガラス交換をする事が可能なので基本的にはスグに取替が出来ます。しかしペアガラスは製品として作らなければならないので納期までに1週間程度は時間がかかります。

まとめ

本日は窓ガラスの修理をする時に予め知っておきたい修理代金について解説しました。こちらに書かれているのは当社を含むガラス業者が行うガラスの修理費用をまとめたものです。ちなみに価格の安い方は個人で営むガラス店の価格である事が多く、高額な方は緊急対応で全国的にガラス修理を行っているガラス業者の価格である事が多いです。

個人経営のガラス店は朝8時から夕方5時まで土日祝、年末年始休みなどの事も少なくありません。またごく近所しか対応してない事も。一方全国的に対応しているガラス業者(その多くは業務委託先)は年中無休で深夜でも対応する事も多くその分割高。この様な特徴もあります。

それは、窓ガラスの修理代金については以上となります。何かの参考にして頂ければと思います。

0120-268-270今すぐ電話