窓ガラスが割れてしまった時の応急処置はどうする?

ガラス

窓ガラスが割れてしまった時、ガラス修理業者さんが来るまでの間、危険がない様に処置を行いたいとお考えの方に向けた記事になります。突発的に起こるトラブルなので頭の中がパニックになり気が動転している方も大きく深呼吸をして落ち着きましょう。

ガラスが割れてしまって、床にガラス片が散乱している状態の場合はこれから記載されている事をしっかり確認して対応する様にしましょう。

熊本県荒尾市のガラス屋。窓ガラス修理交換、サッシ修理交換、ドア修理、玄関ドアリフォーム、フロアヒンジ交換、新規網戸作製、窓リフォーム、浴室ドア(中折戸)修理交換、ドアノブ修理交換、ドアクローザ交換、戸車調整交換、窓とドアの事なら窓店(マドミセ)が対応します!

窓ガラスが割れて床にガラスが散乱している場合の応急処置

窓ガラスが割れてしまい床にガラス片が落ちている状態は大変危険です。まだ窓枠にガラスが残っている状態であればそのガラスが外れて落ちて来る危険性もあります。慎重に応急処置を行って行く必要があります。

ガラスの応急処置に用意する物

早速ガラスに応急処置を行うに際し準備する物をリストアップして行きます。

軍手・・・軍手は怪我をしない為にも必須です。可能であれば滑り止め付きの軍手が好ましいです。

スリッパ・・・床の細かなガラスで足を怪我しない為にスリッパを履くようにしましょう。

掃除機・・・大きなガラスは手で取って処分しますが、細かなガラス片は掃除機で吸い取ります。

段ボール・・・大きなガラスから掃除機で吸い取った細かなガラス片までこの段ボールに入れます。段ボールには新聞紙やビニールを内部に敷きガラス片が外に落ちない様にすると良いでしょう。

養生テープ・・・ガラスが窓枠にまだ残っている場合使います。

応急処置方法

軍手とスリッパを着用します。ケガのリスクをさらに減らす為に、素肌が露出しない様に長袖、長ズボンがさらに好ましいです。

最初に行う事は、窓の手前に落ちている大き目のガラスを段ボールに入れて行きます。と、同時に窓枠にガラスが残っている場合は抜け落ちそうであれば用心して取り除きます。抜けそうもなければ養生テープでガラスとサッシを貼付けガラスが抜け落ちない様に作業を行います。

大き目のガラスを全て段ボールに入れたら細かなガラスを掃除機で吸い取って行きましょう。サッシのレール部分にもガラスがハマり込んでいる事がありますが、そのガラスを綺麗に全部取ろうとすると、サッシを一旦取り外さなくてはなりませんので、素人の方には難しい作業です。無理をせず大き目のガラスだけ取り除き、静かに窓を閉めましょう。サッシレールにハマり込んだガラスを取り除くのは専門業者に任せる方が良いです。

ガラス屋さんは即日対応可能?

ガラス屋さんに連絡をして即日対応可能であれば、応急処置をした段階で到着を待ちましょう。もしも近くのガラス屋さんがすぐに対応してくれない場合、ガラスが割れっぱなしだと防犯上よくありません。防犯対策を行って行きます。

割れたガラスの防犯対策

まずは、雨戸や窓シャッターを閉める事により窓の防犯対策が可能なのか考えてみましょう。雨戸や窓シャッターが取付けられていない場合や使用できない場合は別の方法を考える必要があります。

ホームセンターで板を購入してコーキング材で”ベチャ”と貼りつけましょう。コーキング材は数時間で乾く速乾性がお勧めです。一般のコーキングでも数時間である程度固まりますので最悪こちらでもOKです。段ボールを貼り付けても良いですが、防犯性としても役割は乏しいです。

しっかりと防犯対策を施しガラス修理業者が到着するのを待ちましょう。

応急処置をしなくても良いケース

応急処置は何かとリスクが付き物です。割れたガラスの近くで作業をする事も割れたガラスに触る事も本当はあまりしない方が良いです。ただ小さなお子さんがいらっしゃる場合などはやはり割れた窓ガラスをそのままにしておくのも・・・と感じてしまいますね。

ただ下記の様な条件の場合は応急処置をしなくても良いと思われます。

前提として3つあります。

ガラスが割れた応急処置をしなくても良い3つの条件

これから書かれている3つの条件全てを満たす場合は特に応急処置をする事なく、ガラス業者が修理をして窓ガラスを入れ替えてくれるまでしばらく待ちましょう。逆に条件全てを満たさない場合は応急処置を検討しましょう。

1.当日昼過ぎにはガラス修理業者が来てくれる場合

ガラス修理業者(ガラス屋さん、ガラス店さん)に電話をして「あ~昼過ぎまでには行けると思いますよ」と言ってくれた場合。

夕方や夜間に近づくとリスクが高まります。「すいません。ちょっと前の作業が終わらなくて行けなくなりました」と言われても他のガラス業者への依頼が後手に回ります。

2.割れたガラスの処分を行ってくれる場合

多くのガラス業者は割れた窓ガラスの処分を行ってくれます。散乱したガラスの簡易清掃や割れて不要になったガラスの処分。無料で行ってくれる業者が8割、中には有料という業者もいる様です。

この点を確認してガラスの処分などを行ってくれる場合、こちらで下手に触らない方が良いです。

3.小さなお子さんや認知症の高齢者など不用意に割れたガラスに近づく人がいない

ガラスの応急処置をする一番の理由は危ないからです。ガラスに近づく人がいなければ敢えてガラスの応急処置をする事もありません。割れたガラスの部屋に入る事を制限できるのであればそれに越した事はありません。

まとめ

本日は窓ガラスが割れてしまった時の応急処置について、ガラス業者の視点から対応策について考えて見ました。割れたガラスは取り扱う際に怪我をしてしまう危険性をはらんでいます。極力近づかない様に、もしも応急処置が必要な場合は軍手、スリッパ、をお忘れなく!

0120-268-270今すぐ電話